このページでは、パーキンソン病を患っている方に

より確からしい情報をお伝えします。

 

 

国内外で医師協力のもと数十人以上の被験者が試して、

学会誌等で有効性が報告されている方法です。

 

つまり数十人単位で試して、良い結果が出た方法ですね。

 

 

小さく試してみて、もし効果があれば、

継続することをお勧めします。

 

 

 

もしこれらの方法で症状が少し改善されたら、

どれくらい自由な時間が手に入るでしょうか?

 

少しでもこの情報があなたのお役に立てばと思っています。

 

 

<健康食品>

○水素水

 

水素水は、順天堂大学の病院で臨床試験も実施され、

パーキンソン症状の進行抑制が報告されています。

 

 

 

水素水は水中の水素が抜けやすいです。

 

ですから買うとしたらアルミパウチ型のもので、

開けたらお早め(2-3時間くらい)に飲むことを

お薦めします。

 

最初は下のように、お試しの物を何日分か買って、

 

試してみて状態が良くなれば、

下のように自分で水素水を作れるキットを利用すれば、

お安く済ませられるし、いいでしょうね。

 

○水素サプリ

 

水素水と同じく、水素を摂取できるサプリです。

ちなみに「水素サプリだと水素イオンでとれるから、より効果が高い」という事を

書いている会社もありますが、こちらは信じなくてよいです。

 

というのも、水素ガスを体内に入れるだけでも効果が確認されているからです。

 

アクティブハイドライドのようなスポーツ選手も勧めるものもありますが、

水素水と比べると一回の購入価格も高いのがネックです。

 

 

○コエンザイムQ10

 

2002年ごろにアメリカの研究でコエンザイムQ10が

パーキンソン病の進行を抑えるという発表がありました。

 

が、アメリカ国立補完代替医療センター(NCCAM)によると、

2011年にはパーキンソン病患者へのコエンザイムQ10の臨床は無くなっています。

 

最終的に有効性が認められないとのことでした。

 

 

 

しかし最近では順天堂大学医学部で、パーキンソン病患者に

還元型コエンザイムQ10を投与する臨床研究もされているので、

こちらの結果が良ければ利用しても良いかもしれませんね。

 

 

 

そして、もし今コエンザイムQ10を利用して、

身体の調子が良くなっているのであれば、

それを否定するつもりはありません。

 

あなたの身体に良い結果を出したのでしょうね。

 

 

<運動系他>

○太極拳

 

アメリカ国立補完代替医療センター(NCCAM)の情報ですが、

パーキンソン病198人の方がテストに協力し、

太極拳の運動を週に2-3日ほど実施したところ、

半年後、多くの方がバランス向上、転倒防止などの

日々の生活に役立ちそうな能力をアップさせたそうです。

 

 

パーキンソン病向けの物ではありませんが、

ここではDVDつきの入門書をご紹介しますね。

 

 

○アレクサンダーテクニーク

 

アレクサンダーテクニークとは、身の不必要な緊張に気づき,

これをやめていくこと学習する方法です。

 

(アメリカ/ドイツ/オランダなど欧米諸国では

医師の処方があれば保険の対象にもなっているそうです)

 

 

54人のパーキンソン病患者を

アレクサンダーテクニークをしたグループ、

マッサージしたグループ、何もしないグループ

の 3つのグループに分けて施術。

 

2か月後にはアレクサンダーテクニークを受けた患者さんの

生活に必要な能力が向上したそうです。

 

これは、個々で先生を見つけて指導を受けることをお薦めしますが、

アレクサンダーテクニークがわかる入門書もあるのでご紹介します。

 

(*この書籍は、パーキンソン病患者向けに書いているものではありません)

 

・音楽療法

 

医師やリハビリの現場で利用され、

パーキンソン病の治療指針「ガイドライン」でも推奨されています。

 

歩行障害だけでなくウツ状態の癒しも期待されているそうです。

 

「パーキンソン病に効く音楽療法CDブック」という書籍を

医師が出版しています。

 

興味がある方はこちらを試してみてはいかがでしょうか?