こんにちは、難病慢性疾患乗り越えネットの浅川です。

 

がん、難病のような重いイメージの病気の場合、病気と同じくらい気を付けなければいけない事があります。

 

それは病気を恐れすぎてしまう事です。

 

医師から言われたことや病気の情報を過剰に恐れすぎても、選択を誤ってしまう場合があります。

 

私は多発性硬化症という難病持ちです。

 

この病気で「日光を浴びすぎると症状が悪化するケースがある」という事が言われています。

(病気を紹介している書籍に書かれていました)

日ざし

「日光を浴びすぎると」と言われても具体的にどれくらい日光を浴びたらいけないか、分からないですよね。

 

 

この言葉が原因で、日中、外を出歩かないようにした患者さんを知っています。

 

日光をあまり浴びないとどうなるか? 

 

睡眠のリズムも狂いやすくなるし、生活習慣がくるってしまいます。

 

その結果かどうかはわかりませんが、その患者さんの病気の症状は安定していても、睡眠不足や気力不足など、不健康な状態になっていました。

風邪に効く医療用麻薬とは

 

ところで、多発性硬化症患者はどれくらい日光を避けたらいいのか?

 

ある医療講演会でお医者さんに質問したことがあります。

 

お医者さん曰く、「海水浴などで3日間、強い日光をずっとを浴び続けるようなレベルで浴びたら、病気が進行するかもしれませんね」とのことでした。

強い日光

普通に生活する分には日光と病気はあまり関係が無さそうですね。

 

病気を気にしすぎて動けないような状態にならないように、病気をきちんと理解する必要があります。

 

病気をきちんと理解するためのヒントも、今回出版する紙媒体の「難病初心者の教科書」に入れる予定です。

 

講演会では、難病患者が利用できる制度以外にもこのような「病気の受け止め方」や「医師とのコミュニケーション」についてもお話ししますよ。

 

もちろん、難病を持たない普通の方にもこの情報はお役に立つので、気になる方はぜひ来てくださいね。

 

【詳細】

「難病初心者の教科書」出版記念講演&アレクサンダーテクニーク体験会

日 程: 8月30(日)14:30~16:30 (14:20~ 開場)

場 所:大井町 きゅりあん 6階 中会議室     

   東京都品川区東大井5-18-1      

(JR,東急  大井町駅から徒歩1分)      

 アクセスマップはこちら

参加費: 1,000円

お申し込みはこちらから:8/30 コラボイベント申込フォーム


4月末出版の「難病患者の教科書とは? 難病を乗り越えるヒント