難病・慢性疾患乗り越えネット 

就職、仕事をしたい難病持ちのあなたへ


就職、仕事をしたい難病持ちのあなたへ

就職がうまくいく秘訣 & 難病を理由に採用の合否を決めない会社を紹介します。

 難病患者の就職をサポート

 

 

 

なぜ難病患者の就職活動が上手くいかないのでしょうか?

 

なぜ一部の難病患者は仕事に就けないのでしょうか?

 

 

難病患者でも働ける仕事はいったいどこにあるのだろう?

と考えたことはありませんか?

 

 

苦労して就職したのに

3ヶ月で退職する難病患者がいる一方で、

お金をもらいながら自分のやりたい仕事を

探している難病患者がいるのはなぜでしょうか?

 

 

 

 

こんにちは、難病慢性疾患乗り越えネットの浅川です。

 

難病患者が病気を乗り越えて、

社会的に活動するための情報を発信しています。

 

 

 

一口に難病と言っても、

クローン病や潰瘍性大腸炎のような消化器官の炎症、

強皮症のような皮膚の炎症、

重症筋無力症、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎のような筋肉に影響するような疾患。

(臓器や皮膚に炎症を起こす膠原病のような疾患)

 

後縦靭帯骨化症のような靭帯が骨のようになる病気。

 

パーキンソン病やリウマチのような名前は一般の方に知られている病気

 

そして、指定難病以外の線維筋痛症、慢性疲労症候群、脳脊髄液減少症のようなものまであります。

 

そういった症状、病気の異なる方を一括してサポートしています。

 

 

ところで、あなたは難病患者や障がい者就職事情をご存知ですか?

 

 

一部の軽度障害者は就職先が多いですが、

その他の方は就職先が見つかりづらいという状況です。

 

 

そして、就職先が見つかりづらいなかで、

やっとの思いで就職先を見つけた方は、

どれくらいの期間勤めると思いますか?

 

 

たった数か月で退職する人が

続出しているそうです。

退職

 

ようやく就職できた難病患者が、なぜ数か月で仕事を辞めてしまうのか?

 

 

私はせっかく見つけた仕事を数か月で辞めてしまう方が多いという、

この現状をどうしても変えたいと考えています。

 

 

というのも、私も難病を抱え、

仕事で悩んだ一人だからです。

 

私は2006年12月に

難病を抱えているという事を

医師から宣告されました。

 

多発性硬化症(MS)という病気です。

 

この病気は、ある日突然身体の一部が

動かなくなる可能性がある病気です。

 

私も今は動くようになりましたが、利き手が動かなくなったり、

足が動かなくなったり、片目の眼球が動かなくなったりと、

何度も大変な思いをしました。

 

 

難病宣告を受けた当時、

就職をして2年目でとてもやる気のある時でした。

 

これからどうしていいか分からない、

将来に希望を持てない状況でした。

 

 

そんな時に出会ったのが、コーチングです。

 

短時間で心の状態が大きく変わり、

難病を宣告される前の何倍もの

希望を持って活動できるようになりました。

 

 

今では難病を緩和する代替療法や

心の持ち方をお伝えする活動を

できるようになりました。

 

 

社会生活の中で難病患者や障碍者の方と接しているうちに、

私には受け入れがたい事実を知りました。

 

 

それは多くの難病患者や障がい者がなかなか就職できない、

就職したとしても数か月で辞めてしまうという事です。

 

 

一部のハローワークに難病患者就職サポーターという

難病患者の就職をサポートする方もいます。

 

 

彼らは私が抱えている病気である多発性硬化症(MS)や

パーキンソン病、潰瘍性大腸炎、クローン病など、

指定難病の患者さんの就職を支援しています。

 

しかし、それでも就職先の候補を見つけるまでに

3ヶ月以上かかる場合もあるそうです。

 

 

なぜ、なかなか就職が決まらないのか?

 

そしてせっかく就職が決まったのに、

なぜ数か月で辞める人が多いのか?

 

 

この2つの出来事は同じ理由が原因となっています。

 

 

この原因を解消して、力強く前に進むことが大切です。

ゴール

 

この無料メール講座では、

次の事をご説明します。

 

 

 ・知っているようで知らない、難病患者の働く状況

 ・なぜ就職した会社を辞めてしまう人が多いのか?

 ・なぜ仕事が見つからないのか?

 ・ハンデを気にせず活動する方法

 

 

 

特に難病患者のあなたが安心して就活できるように、

準備していただきたいです。

 

下のメール講座では難病患者が安心して楽に就職を取るための

秘訣をお伝えしておりますので、今すぐ下のサイトでご登録くださいね。

 

「誰も教えてくれなかった難病患者のための就活の秘訣」
無料メール講座のお申し込みはこちらから

*今メール講座に登録していただいた方には、

「やるべきことが一目で分かる 難病患者のための就活チェックリスト」

をプレゼントします。

 

私は難病患者の心理状態を変えて、

より活動しやすい状態にするための専門家です。

 

 

難病患者を支援している団体や

障碍者を支援している団体からも

ご意見を伺っています。

 

 

その中で、難病や障害を隠さずに

自由に働ける会社も見つけました。

 

難病患者でも働ける仕事はこの会社にあります。

 

というのも私が見つけたその会社は、働く人の出来ない事をフォローして、

出来る事に注力させる仕組みだからです。

 

難病のあるあなたはもしかしたら出来ない事も増えたかもしれません。

しかし、出来ない事をフォローしてもらえれば。。。きっと働けますよね。

 

 

幸い社会的弱者を雇う事を真剣に考えているところなので、

皆さんに安心してご紹介することができます。

 

 

こちらの会社はメール講座の最後にご紹介しますね。

 

というのも、あなたに自分が望む環境を

もう一度考えて、そのうえで選択してほしいからです。

 

 

自分の仕事に関する考え方を見つめ直して、

難病や障害を隠さず、

気兼ねなく働ける職場を手にしたい方は

是非、このメール講座をお申し込みください。

 

必ずあなたのお役に立つことをお約束します。

 

「誰も教えてくれなかった難病患者のための就活の秘訣」
無料メール講座のお申し込みはこちらから

*今メール講座に登録いただいた方には、

「やるべきことが一目で分かる 難病患者のための就活チェックリスト」

をプレゼントします。


PAGETOP