難病・慢性疾患乗り越えネット 

糖尿病の症状を緩和させたいあなたへ


こんにちは、難病・慢性疾患乗り越えネットの浅川です。

 

このページでは、糖尿病(2型)を患っている方に

より確からしい情報をお伝えします。

 

 

国内外で医師協力のもと数十人以上の被験者が試して、

学会誌等で有効性が報告されている方法です。

 

つまり数十人単位以上で試して、良い結果が出た方法ですね。

 

 

信頼度評価:こちらの信頼度評価は医療系学会のエビデンスレベルを一部改編して作成しました。

 

★★★★★:治療法や症状緩和法として国内外で報告されているもの

★★★★:数百人単位で治験(二重盲検法)して有効性が認められたもの

★★★:数十人単位で治験(二重盲検法)して有効性が認められたもの

★★:二重盲検法以外の試験で有効性が認められたもの

★:専門家の個人の意見、お客様の感想など

*(二重盲検法ができない療法は、☆☆:なし ☆☆☆:数十人単位で比較試験、☆☆☆☆:数百人単位で比較試験、

☆☆☆☆☆:治療法や症状緩和法として国内外で報告されているものとします)

 

ちなみに、この評価が高い=効果が高いというわけではありません。

評価が低い=嘘っぱちというわけでもありません。

 

評価が高いものの方が、いろんな人が試して、

「症状が緩和される可能性が高いと言われている」

と解釈してください。

 

お医者さんと相談しながら小さく試してみて、

もし効果があれば、継続してはいかがでしょうか。

 

もしこれらの方法で症状が少し改善されたら、

どれくらい自由な時間が手に入るでしょうか?

 

 

病気や症状での悩み症状のトラウマの緩和就労についてなど、

あなたの状態を良くするための相談も受け付けています。

 

特に糖尿病の方が病気改善で悩みがちなのが、

「習慣化」かと思います。

 

私は目標達成のプロでもあるので、

習慣化には十分サポートできます。

 

こちらについてもお問い合わせくださいね。

 

少しでもこの情報があなたのお役に立てばと思っています。

 

【症状緩和のために】

・食事療法

信頼性評価:☆☆☆☆☆

 

糖尿病の改善に一般的に用いられています。

 

暴飲暴食をしていた人が食事摂取エネルギーの制限を

行うだけで、8割以上の人の血糖コントロールが改善するそうです。

 

どのように食事を変えるかという事ですが、

糖尿病学会さんが食事療法について書籍を

出しているので、ご紹介します。
 

 

・低炭水化物食

信頼性評価:???

 

炭水化物から摂取するエネルギーを全体の30-50%程度に抑える方法。

 

こちらは、アメリカの糖尿病学会は

「原料を目的として行う場合、低炭水化物食も短期的には(2年以内)効果的」とされていますが、

日本では安全性の面から勧められていません。

 

但し、北里大学の研究所によると、

減量の面では低脂質食よりも低炭水化物食の方が効果が大きかったとか。

 

ちなみに低GI食の場合、血糖値の上昇が抑えられるそうです。

 

・減塩療法

信頼性評価:☆☆☆

アメリカで糖尿病患者254人で試験し、

 

・運動療法

信頼性評価:☆☆☆☆☆

 

糖尿病の改善に一般的に用いられています。

 

・薬物療法

信頼性評価:☆☆☆☆☆

 

インシュリン投与や血糖値を下げる薬など、

多種多様です。

 

最近だと、SGLT2阻害剤というものを

推奨している医師もいるようです。

 

お薬については、薬にも選択肢がある事を知って、

お医者さんと相談するのがベターです。

 

例えば、

「今の薬だと××で都合が悪いのですが、

 ○○という薬は使えないでしょうか?」 

などなど。

(薬物療法の参考図書: )

 

・補助的な情報

糖尿病の方は頻尿の方が多く、マグネシウム不足になる可能性が高いとか。

 

オメガ3多価不飽和脂肪酸、全粒粉食品、シナモン、ゴーヤ、アルギン酸塩ドレッシング、アーユルヴェーダは

数百人規模の二型糖尿病患者被験者で治験したところ二型糖尿病患者の血糖値に影響はなかったそうです。

 

 


coach.toru@gmail.com

PAGETOP